手探り、手作り🐘

「ミッション・インポッシブル」新作の予告を見たのですが、かなりいいですね✨

ブログの全体像&自己紹介

こんにちは。

林広貴といいます。ご訪問いただきありがとうございます。

ここではブログの全体像の説明と、簡単な自己紹介をいたします。

カテゴリー案内 

踊り        インドに行きたしと思へども🚢

社会・政治     時事に応じて、ああだこうだ。

本と映画      本と映画の感想&ノート。

ことば       気になった言葉からあれこれ。

犬の話       犬の話です。

雑文        文字通りの雑文です。

おすすめ記事

キム・ヨナの芸術英訳もあるス) ディオール秋コレクション素敵でした。

「マスコミが報道しない真実」について 陰謀論、反ワクチン、歴史修正主義など。

運と仕合せ     芥川のキリシタンものが好きです。

ワナジャ      とても評判がいい記事です。

結婚披露宴 祝辞     パンデミックの前年でよかった🎉

お客さん      むかし生理をそういったとか、含蓄あるよびかたですね。

本ブログの表記法について

ぼくは戦後すぐに行われた国語改革は誤りであったと考えてゐます。したがって「常用漢字」と「現代仮名遣い」に基づく表記法にはしたがってゐません。

敗戦があれほど悲惨なものでなければ、漢字も送り仮名も仮名遣いも、別のかたちになってゐたと思います。例えば、大日本帝国アメリカとの開戦に踏み切らなかったとしたら、どのような表記になっただろうか。

そんなことを考えて、このブログではいろいろな表記を試してゐます。もちろん、いまさらなんの意味もないことであることは理解してゐます。だからまあ、遊びみたいなものです。

そういうわけで、記事によって表記が異なりますが気にしないでください。

仮名遣いについては、「現代仮名遣い」を基準に、

・助詞の「さへ」「づつ」

・存在を意味する「ゐる」「をる」

・「ぢ」「づ」「じ」「ず」、いわゆる「四つ仮名」を使用した語

を「歴史的仮名遣い」で書く、という原則で表記してゐます。いい具合に落ち着いてきた感触があるのでこれで固定してゐます。

漢字の字体と用法、および送り仮名については考えがまとまりません。しかし、まとまらないなりに、暫定的な足場をつくりたいと思う。そのために、いま「日本語表記のむづかしさ」という記事を書いてゐるところです(が、遅々たる歩み🐌)。

自己紹介

1986年生。生まれも育ちも奈良県奈良市です。いまは東京都江戸川区小岩にイヌのチャコと暮してゐます🐶

仕事はお休み中で、職業訓練制度を利用して簿記を勉強してゐます。

趣味は舞踊と文学です。

2016年からカタック(kathak、北インドの伝統舞踊)を学んでゐます。インドの先生のオンラインレッスンを受けてゐます(Disciple of the Nutan Patwardhan)。

いろいろ書いてゐますけれど、優先順位はカタック探究がいちばんうえです。踊るのと勉強と二つの車輪でゆっくりすすんでゐます。(勉強ノート

好きな作家は福田恆存夏目漱石中島敦芥川龍之介井上ひさし斉藤茂吉 など。

和漢の教養を駆使してさまざまな文体を模索してゐた明治大正期の文章を特に好みます。現代の散文として落ち着く前の混沌とした感じがいいんですよね。

連絡先:duoxie.hengcun@gmail.com