するってえとナニかい

はやく寅さんに会いたい。

ブログの全体像&自己紹介

はじめまして。

林広貴です。ご訪問いただきありがとうございます。

ここではブログの全体像の説明と、簡単な自己紹介をいたします。

カテゴリー案内 

記録中
 ◇年表      第二次安倍政権年表」を作成中です。   
 ◇国政選挙まとめ 2012年11月の衆院選以降の国政選挙についてまとめてゐます。
 
書いて考える
 ◇社会・政治   時事に応じて、ああだこうだ。
 ◇聖なるもの   聖性にかかわること。
 ◇資料・メモ   朝鮮半島天皇制/サンフランシスコ体制/気になるデータ  
 
ことば       気になったことば、日本語のことなど。
 
本と映画      本と映画の感想。
 
踊り        ライフスタイルとしては、舞踊本位、踊り第一です。
 
雑文        文字通りの雑文です。

おすすめ記事

少なくとも、力を入れて書いた、とは言えるもの。これが精一杯。

キム・ヨナの芸術  ヨナさん、最高。

第二次安倍政権年表 もっと充実させていきます。

国政選挙まとめ   われわれ日本人はほんとに忘れっぽいですね。

自己紹介

1986年生。生まれも育ちも奈良県奈良市です。

2012年1月から東京品川区の中延という町に住んでゐます。

中延商店街と戸越銀座商店街武蔵小山商店街の真ん中あたりで、とても住みよいところです。

仕事は、英文特許文書日本語訳の校閲をしてゐます(派遣)。 
 
趣味は舞踊と文学です。
2012年からフォンジュン(fonjerng、 北タイの武術・舞踊)を習ってゐます。
2016年からカタック(kathak、北インドの伝統舞踊)を学んでゐます。当初は先生についてゐましたが、現在独習です。
 
習ってゐるのは伝統舞踊ですが、舞踊芸術全般が好きです。
好きな舞踊家・ダンサーはNutan Patwardhan, Madhuri Dixit, アクラム・カーン,キム・ヨナ,Shantala Shivalingappa, マイケル・ジャクソン・・・etc。
 
最近はあまり文学を読む時間がなくて困ってゐます。
政治・社会にかかわる記事が多いですが、ライフスタイルとしては舞踊本位です。
踊りに熱中することを生活の最優先としてゐます。
duoxie.hengcun@gmail.com

ぼくの「かなづかい」

敗戦後、占領期に実施された「国語改革」により、「漢字」と「かなづかい」の簡易化が行われました。

「国語改革」とは1946年に公布された「当用漢字表」「現代かなづかい」にもとづく「日本語の書き方」の変革のことをいいます。

当用漢字表」および「現代かなづかい」は、「漢字の全廃」を最終目標として作成されたもので、「当用」とあるとおり、「さしあたっての便宜」のために極めて拙速につくられたものです。

ですから、正統性を欠き、原則として機能しないものです。

「漢字全廃」をあきらめた政府は1981年に「常用漢字表」を、1986年に「現代仮名遣い」を公布して方針転換しましたが、改革の非を認めたわけではなく、現状を追認して、それを「正書法」だと言い張ることにしただけのことです。

現在通用してゐる「正書法」が正統性を欠き、原則として機能しないことに変わりはありません。

実際、多くの人はそれと知らずに「常用漢字表」を無視して漢字を使い、「現代仮名遣い」を破って語を書いてゐます。

常用漢字表」の無視については分かりやすいことで、「改ざん」と書けば「常用漢字表」に従った書き方であり、「改竄」と書けば「常用漢字表」を無視した書き方です。

隠ぺい、ねつ造、払しょく、忖たく、信ぴょう性、けん制、けん引、へき地、抜てき、急きょ、安ど・・・

など枚挙にいとまがありませんが、このような「交ぜ書き」は「常用漢字表」を守ることから生じるものです。

漢字の音をかなで書くというのは漢字の表意性をとりのぞくということですから、たいへん読みづらいし、意味を推測できないので不合理かつ不便です。

「隠蔽」を「隠ぺい」と書くのは、「隠PAY」と書くのと同じくらい奇妙なことです。

だから、「常用漢字表」を遵守して書いてゐるのは公文書や新聞社くらいのもので、多くの作家も、一般の人が気軽に書く場合も、それを無視して書きます。

ぼくも当然、気にせず使います。

では「現代仮名遣い」はどうでしょうか。

これについては、ほとんどの人が「守ってゐる」という意識だと思います。

が、実際にはそうではありません。

「一人づつ」とか「つまづく」とか「うなづく」とか書いてしまう。

これは、「現代仮名遣い」では

「一人ずつ」、「つまずく」、「うなずく」と書かねばなりません。

前者の書き方は「歴史的かなづかい」の書き方です。

そして、「歴史的かなづかい」のほうに正統性があり、「現代かなづかい」および「現代仮名遣い」は「歴史的かなづかい」を表音化という方向で簡易化したものです。

国語教育において、語の書き方、「かなづかい」について習うのは、ほとんど助詞の「は」「へ」「を」の使いかたくらいのもので、「四つがな(「じ・ぢ」「ず・づ」)」の使い分けについてきちんと教わることはありません。

「歴史的かなづかい」とは何なのか、

かなの性質とはどのようなものか、

助詞の「は」「へ」「を」はなぜ「ハ」「エ」「オ」と発音するのか、

「じ・ぢ」「ず・づ」はなぜ同じ音なのか、

これら日本語の歴史と性質について体系的な知識をあたえず、いいかげんにすませて、だいたい発音のとおりに書けばよい、ただし「は」「へ」「を」だけは例外です。そういうふうに教わります。

だから「一人ずつ」を「一人づつ」と書いてしまうし、それが「現代仮名遣い」としては間違いであることに気づかない。

また『「現代仮名遣い」としては間違いである』ということの意味がわからない。

ぼくは「歴史的かなづかい」が正統な書き方であり、それを簡易化した「現代かなづかい」および「現代仮名遣い」には正統性がないと考えます。

「歴史的かなづかい」はむづかしいので簡易化が必要である。

それについては同意しますが、「国語改革」によって行われた簡易化はいきすぎであり、間違いであったという立場です。

したがって、「常用漢字表」を無視して漢字を使うように、「現代仮名遣い」にも従わずにことばを書きます(「第二次安倍政権年表」は例外)。

簡易化の度合いをよわめ、正統である「歴史的かなづかい」にちかづけた書き方をしてゐます。

具体的には、以下の語について「歴史的かなづかい」で書きます。

・助詞の「さへ」「づつ」

・存在を意味する「ゐる」「をる」

・「ぢ」「づ」「じ」「ず」、いわゆる「四つがな」を使用した語

 詳細は、「日本語の書き方」と題する記事を現在執筆中ですので、そちらをお読みいただければ幸いです。

高次の政治・永遠という時間・政治は愛

ローマ教皇フランシスコが11月23日に来日し26日まで滞在した。

教皇の来日に関心をもったのは、以下のラジオを聞いて感銘をうけたからだ。

これは!と思ったので、ゆっくりと二度聞いた。もう一度聞くと思う。

これは火鉢クラブの中村有里、政治学者の中島岳志批評家の若松英輔の三氏が教皇の来日前に行った鼎談。

若松英輔という人の存在はこれまでしらなかったのだが、この鼎談では若松氏のお話に特に関心をもった。

若松氏は来日前に次にようにツイートしてゐる。

教皇来日の意味とは、滞在中の4日間に何が起こるかだけではない。問題はむしろ、帰国後、この国がどうなるかにかかっている。教皇は、言葉の種子をたずさえてやってくる。それを育てるか否かは私たちの問題だ。教皇の来日は38年ぶりだ。今回の出来事もそうした視座で考えなくてはならない。 11月22日のツイート

教皇がどんな人物かも興味深いですが、それは緊急の問題ではありません。しかし、彼が投げかける問いは「喫緊の」課題です。権力と金銭の終わりなき欲望によって作られた世界は、いつしか弱き人、貧しい人を最初に傷つける構造を作りあげました。それを変革しなければならない、と教皇は訴えるのです。 11月23日のツイート

若松氏が教皇来日をいかに重要なものととらえてゐるかが伝わってくる。

記事のタイトルにかかげた「高次の政治・永遠という時間・政治は愛 」というテーマは鼎談のなかで語られてゐるもので、これは大変重要なものだと思う。

これからぼくも自分なりにじっくりと考えていきたい。

ここではメモだけ。じっくりと考えるべきテーマだから。

若松氏は最後に、教皇の著作を一つ読むとすれば「橋をつくるために」がよいと言っておられたので、それを読んでからまとめようと思う。

それにしても、ほんとに素晴らしい鼎談だった。

以下に関連記事をいくつか張り付けておく。

 「橋をつくるために」からのいくつかことばが引かれてゐるのを読むと、俄然興味をそそられる。

キリスト教は人との出会いです。神と、イエス・キリストと、神の御言葉と出会ったという驚愕、驚嘆の経験です、わたしを驚愕させることなのです。」

とかすごい。

次の記事もかなりよい。

教会が「出向いて」行かなくてはならないのは、世界には「忘れられた」人々が無数にいるからです。

関心というと客観的ですが、キリスト教の言葉でいえば、こうしたときの関心こそが「愛」なのです。

以下の記事もたいへん濃い鼎談。

山本 世の中に様々な社会問題があるうちの一つとしての環境問題、というふうに狭い意味でとらえてしまうと、教皇の意識とはかなりずれてきてしまう気がしますね。教皇が目指しているのは、人と人、人と自然、そして人と超越者のつながりといった、万物のつながり全体の調和を回復していくこと。環境問題は、今の社会においてもっとも「調和」が失われている側面であるがゆえに、その調和を取り戻すための突破口になるということなのだと思います。 

そして、長崎・広島でのスピーチ全文。

NHKはわりとすぐ記事を消すから全文コピーしておく。

長崎 爆心地公園でのスピーチ
長崎・爆心地公園
2019年11月24日

愛する兄弟姉妹の皆さん。

この場所は、わたしたち人間が過ちを犯しうる存在であるということを、悲しみと恐れとともに意識させてくれます。近年、浦上教会で見いだされた被爆十字架とマリア像は、被爆なさったかたとそのご家族が生身の身体に受けられた筆舌に尽くしがたい苦しみを、あらためて思い起こさせてくれます。

人の心にあるもっとも深い望みの一つは、平和と安定への望みです。核兵器大量破壊兵器を所有することは、この望みへの最良のこたえではありません。それどころか、この望みをたえず試みにさらすことになるのです。わたしたちの世界は、手に負えない分裂の中にあります。それは、恐怖と相互不信を土台とした偽りの確かさの上に平和と安全を築き、確かなものにしようという解決策です。人と人の関係をむしばみ、相互の対話を阻んでしまうものです。

国際的な平和と安定は、相互破壊への不安や、壊滅の脅威を土台とした、どんな企てとも相いれないものです。むしろ、現在と未来のすべての人類家族が共有する相互尊重と奉仕への協力と連帯という、世界的な倫理によってのみ実現可能となります。

ここは、核兵器が人道的にも環境にも悲劇的な結末をもたらすことの証人である町です。そして、軍備拡張競争に反対する声は、小さくともつねに上がっています。軍備拡張競争は、貴重な資源の無駄遣いです。本来それは、人々の全人的発展と自然環境の保全に使われるべきものです。今日の世界では、何百万という子どもや家族が、人間以下の生活を強いられています。しかし、武器の製造、改良、維持、商いに財が費やされ、築かれ、日ごと武器は、いっそう破壊的になっています。これらは途方もないテロ行為です。

核兵器から解放された平和な世界。それは、あらゆる場所で、数え切れないほどの人が熱望していることです。この理想を実現するには、すべての人の参加が必要です。個々人、宗教団体、市民社会核兵器保有国も、非保有国も、軍隊も民間も、国際機関もそうです。核兵器の脅威に対しては、一致団結して応じなくてはなりません。それは、現今の世界を覆う不信の流れを打ち壊す、困難ながらも堅固な構造を土台とした、相互の信頼に基づくものです。1963年に聖ヨハネ23世教皇は、回勅『地上の平和(パーチェム・イン・テリス)』で核兵器の禁止を世界に訴えていますが(112番[邦訳60番]参照)、そこではこう断言してもいます。「軍備の均衡が平和の条件であるという理解を、真の平和は相互の信頼の上にしか構築できないという原則に置き換える必要があります」(113番[邦訳61番])。

今、拡大しつつある、相互不信の流れを壊さなくてはなりません。相互不信によって、兵器使用を制限する国際的な枠組みが崩壊する危険があるのです。わたしたちは、多国間主義の衰退を目の当たりにしています。それは、兵器の技術革新にあってさらに危険なことです。この指摘は、相互の結びつきを特徴とする現今の情勢から見ると的を射ていないように見えるかもしれませんが、あらゆる国の指導者が緊急に注意を払うだけでなく、力を注ぎ込むべき点なのです。

カトリック教会としては、人々と国家間の平和の実現に向けて不退転の決意を固めています。それは、神に対し、そしてこの地上のあらゆる人に対する責務なのです。核兵器禁止条約を含め、核軍縮と核不拡散に関する主要な国際的な法的原則に則り、飽くことなく、迅速に行動し、訴えていくことでしょう。昨年の7月、日本司教協議会は、核兵器廃絶の呼びかけを行いました。また、日本の教会では毎年8月に、平和に向けた10日間の平和旬間を行っています。どうか、祈り、一致の促進の飽くなき探求、対話への粘り強い招きが、わたしたちが信を置く「武器」でありますように。また、平和を真に保証する、正義と連帯のある世界を築く取り組みを鼓舞するものとなりますように。

核兵器のない世界が可能であり必要であるという確信をもって、政治をつかさどる指導者の皆さんにお願いします。核兵器は、今日の国際的また国家の、安全保障への脅威からわたしたちを守ってくれるものではない、そう心に刻んでください。人道的および環境の観点から、核兵器の使用がもたらす壊滅的な破壊を考えなくてはなりません。核の理論によって促される、恐れ、不信、敵意の増幅を止めなければなりません。今の地球の状態から見ると、その資源がどのように使われるのかを真剣に考察することが必要です。複雑で困難な持続可能な開発のための2030アジェンダの達成、すなわち人類の全人的発展という目的を達成するためにも、真剣に考察しなくてはなりません。1964年に、すでに教皇パウロ6世は、防衛費の一部から世界基金を創設し、貧しい人々の援助に充てることを提案しています(「ムンバイでの報道記者へのスピーチ(1964年12月4日)」。回勅『ポプロールム・プログレッシオ(1967年3月26日)』参照)。

こういったことすべてのために、信頼関係と相互の発展とを確かなものとするための構造を作り上げ、状況に対応できる指導者たちの協力を得ることが、きわめて重要です。責務には、わたしたち皆がかかわっていますし、全員が必要とされています。今日、わたしたちが心を痛めている何百万という人の苦しみに、無関心でいてよい人はいません。傷の痛みに叫ぶ兄弟の声に耳を塞いでよい人はどこにもいません。対話することのできない文化による破滅を前に目を閉ざしてよい人はどこにもいません。

心を改めることができるよう、また、いのちの文化、ゆるしの文化、兄弟愛の文化が勝利を収めるよう、毎日心を一つにして祈ってくださるようお願いします。共通の目的地を目指す中で、相互の違いを認め保証する兄弟愛です。

ここにおられる皆さんの中には、カトリック信者でないかたもおられることでしょう。でも、アッシジ聖フランシスコに由来する平和を求める祈りは、私たち全員の祈りとなると確信しています。

主よ、わたしをあなたの平和の道具としてください。
憎しみがあるところに愛を、
いさかいがあるところにゆるしを、
疑いのあるところに信仰を、
絶望があるところに希望を、
闇に光を、
悲しみあるところに喜びをもたらすものとしてください。

記憶にとどめるこの場所、それはわたしたちをハッとさせ、無関心でいることを許さないだけでなく、神にもっと信頼を寄せるよう促してくれます。また、わたしたちが真の平和の道具となって働くよう勧めてくれています。過去と同じ過ちを犯さないためにも勧めているのです。

皆さんとご家族、そして、全国民が、繁栄と社会の和の恵みを享受できますようお祈りいたします。

広島 平和公園でのスピーチ
平和記念公園にて
2019年11月24日、広島

「わたしはいおう、わたしの兄弟、友のために。『あなたのうちに平和があるように』」(詩編122・8)。

あわれみの神、歴史の主よ、この場所から、わたしたちはあなたに目を向けます。死といのち、崩壊と再生、苦しみといつくしみの交差するこの場所から。

ここで、大勢の人が、その夢と希望が、一瞬の閃光と炎によって跡形もなく消され、影と沈黙だけが残りました。一瞬のうちに、すべてが破壊と死というブラックホールに飲み込まれました。その沈黙の淵から、亡き人々のすさまじい叫び声が、今なお聞こえてきます。さまざまな場所から集まり、それぞれの名をもち、なかには、異なる言語を話す人たちもいました。そのすべての人が、同じ運命によって、このおぞましい一瞬で結ばれたのです。その瞬間は、この国の歴史だけでなく、人類の顔に永遠に刻まれました。

この場所のすべての犠牲者を記憶にとどめます。また、あの時を生き延びたかたがたを前に、その強さと誇りに、深く敬意を表します。その後の長きにわたり、身体の激しい苦痛と、心の中の生きる力をむしばんでいく死の兆しを忍んでこられたからです。

わたしは平和の巡礼者として、この場所を訪れなければならないと感じていました。激しい暴力の犠牲となった罪のない人々を思い出し、現代社会の人々の願いと望みを胸にしつつ、じっと祈るためです。とくに、平和を望み、平和のために働き、平和のために自らを犠牲にする若者たちの願いと望みです。わたしは記憶と未来にあふれるこの場所に、貧しい人たちの叫びも携えて参りました。貧しい人々はいつの時代も、憎しみと対立の無防備な犠牲者だからです。

わたしはつつしんで、声を発しても耳を貸してもらえない人々の声になりたいと思います。現代社会が直面する増大した緊張状態を、不安と苦悩を抱えて見つめる人々の声です。それは、人類の共生を脅かす受け入れがたい不平等と不正義、わたしたちの共通の家を世話する能力の著しい欠如、また、あたかもそれで未来の平和が保障されるかのように行われる、継続的あるいは突発的な武力行使などに対する声です。

確信をもって、あらためて申し上げます。戦争のために原子力を使用することは、現代において、犯罪以外の何ものでもありません。人類とその尊厳に反するだけでなく、わたしたちの共通の家の未来におけるあらゆる可能性に反します。原子力の戦争目的の使用は、倫理に反します。核兵器保有は、それ自体が倫理に反しています。それは、わたしがすでに2年前に述べたとおりです。これについて、わたしたちは裁きを受けることになります。次の世代の人々が、わたしたちの失態を裁く裁判官として立ち上がるでしょう。平和について話すだけで、国と国の間で何の行動も起こさなかったと。戦争のための最新鋭で強力な兵器を製造しながら、平和について話すことなどどうしてできるでしょうか。差別と憎悪のスピーチで、あのだれもが知る偽りの行為を正当化しておきながら、どうして平和について話せるでしょうか。

平和は、それが真理を基盤とし、正義に従って実現し、愛によって息づき完成され、自由において形成されないのであれば、単なる「発せられることば」に過ぎなくなると確信しています。(聖ヨハネ23世回勅『パーチェム・イン・テリス―地上の平和』37〔邦訳20〕参照)。真理と正義をもって平和を築くとは、「人間の間には、知識、徳、才能、物質的資力などの差がしばしば著しく存在する」(同上87〔同49〕)のを認めることです。ですから、自分だけの利益を求めるため、他者に何かを強いることが正当化されてよいはずはありません。その逆に、差の存在を認めることは、いっそうの責任と敬意の源となるのです。同じく政治共同体は、文化や経済成長といった面ではそれぞれ正当に差を有していても、「相互の進歩に対して」(同88〔同49〕)、すべての人の善益のために働く責務へと招かれています。

実際、より正義にかなう安全な社会を築きたいと真に望むならば、武器を手放さなければなりません。「武器を手にしたまま、愛することはできません」(聖パウロ6世「国連でのスピーチ(1965年10月4日)」10)。武力の論理に屈して対話から遠ざかってしまえば、いっそうの犠牲者と廃墟を生み出すことが分かっていながら、武力が悪夢をもたらすことを忘れてしまうのです。武力は「膨大な出費を要し、連帯を推し進める企画や有益な作業計画が滞り、民の心理を台なしにします」(同)。紛争の正当な解決策として、核戦争の脅威による威嚇をちらつかせながら、どうして平和を提案できるでしょうか。この底知れぬ苦しみが、決して越えてはならない一線を自覚させてくれますように。真の平和とは、非武装の平和以外にありえません。それに、「平和は単に戦争がないことでもな〔く〕、……たえず建設されるべきもの」(第二バチカン公会議『現代世界憲章』78)です。それは正義の結果であり、発展の結果、連帯の結果であり、わたしたちの共通の家の世話の結果、共通善を促進した結果生まれるものなのです。わたしたちは歴史から学ばなければなりません。

思い出し、ともに歩み、守ること。この三つは、倫理的命令です。これらは、まさにここ広島において、よりいっそう強く、より普遍的な意味をもちます。この三つには、平和となる道を切り開く力があります。したがって、現在と将来の世代が、ここで起きた出来事を忘れるようなことがあってはなりません。記憶は、より正義にかない、いっそう兄弟愛にあふれる将来を築くための、保証であり起爆剤なのです。すべての人の良心を目覚めさせられる、広がる力のある記憶です。わけても国々の運命に対し、今、特別な役割を負っているかたがたの良心に訴えるはずです。これからの世代に向かって、言い続ける助けとなる記憶です。二度と繰り返しません、と。

だからこそわたしたちは、ともに歩むよう求められているのです。理解とゆるしのまなざしで、希望の地平を切り開き、現代の空を覆うおびただしい黒雲の中に、一条の光をもたらすのです。希望に心を開きましょう。和解と平和の道具となりましょう。それは、わたしたちが互いを大切にし、運命共同体で結ばれていると知るなら、いつでも実現可能です。現代世界は、グローバル化で結ばれているだけでなく、共通の大地によっても、いつも相互に結ばれています。共通の未来を確実に安全なものとするために、責任をもって闘う偉大な人となるよう、それぞれのグループや集団が排他的利益を後回しにすることが、かつてないほど求められています。

神に向かい、すべての善意の人に向かい、一つの願いとして、原爆と核実験とあらゆる紛争のすべての犠牲者の名によって、心から声を合わせて叫びましょう。戦争はもういらない! 兵器の轟音はもういらない! こんな苦しみはもういらない! と。わたしたちの時代に、わたしたちのいるこの世界に、平和が来ますように。神よ、あなたは約束してくださいました。「いつくしみとまことは出会い、正義と平和は口づけし、まことは地から萌えいで、正義は天から注がれます」(詩編85・11-12)。

主よ、急いで来てください。破壊があふれた場所に、今とは違う歴史を描き実現する希望があふれますように。平和の君である主よ、来てください。わたしたちをあなたの平和の道具、あなたの平和を響かせるものとしてください!

「わたしはいおう、わたしの兄弟、友のために。『あなたのうちに平和があるように』」(詩編122・8)。