手探り、手作り🐘

「ミッション・インポッシブル」新作の予告を見たのですが、かなりいいですね✨

「わたしは、ダニエル・ブレイク」

わたしは、ダニエル・ブレイク」2016

監督:ケン・ローチ 出演:デイブ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ

ドシンときた。

今ぼくらが生きてゐる世界、社会、システムに対する怒り、義憤が伝わってくる。

うまいこと適応してるつもりの小利口で軽薄な連中は「義憤」なんてものを嘲笑するだろう。

耐え難いことだ。

現在のシステムは、貧しい人々に屈辱を与え、尊厳をおしつぶし、みじめな思いをさせてゐる。

この映画の主題は、主人公ダニエル・ブレイクの次のセリフに尽くされるだろう。

When you lose your self-respect….you’re done for.

自尊心を失ったら、人間おしまいだ。

劇中、

「miserable」みじめ

「humiritate」屈辱を与える

「self-respect」自尊心

といったことばが繰り返しでてくる。

システムが、人々に屈辱を与え、自尊心を破壊し、みじめな気持ちにさせる。

権力と金力をもち、そのようなシステムから受益する人がゐる。

システムに適応して、うまいことやってるしょ~と「いいね!」を求める人がゐる。

みじめなのは自分のせいだよ、努力しなよ、自己責任だ、と吐き捨てる人がゐる。

悲惨だ。

ぼくらの生きてゐる世界は、ほんとうに悲惨だ。

いちばん悲惨なのは、侮辱されても屈辱を感じない人たち。

侮辱されても屈辱だと思わない、怒らない。

というのは、もう自尊心を失ってしまったからなんだ。

これを卑屈という。

いや、失ったのではなく、敬意をもって対されたことがないから、そもそも自尊心というものがわからない人だってゐる。

これを奴隷という。

「生きてゐたければ卑屈/奴隷であれ」

ぼくたちはそういう社会をつくってないか?

ほうれ、媚びてごらん、媚びたら金をやるよ。地位をやるよ、権力をやるよ。

そんな態度をとって平気な人間がゐる。

そういう人間は、クズと言っていいだろうさ。

そういうクズが民主的な手続きによって宰相になったりするから、人間というのはまったく業が深い。