生活の芸術

正しいことをひかえめに言う練習

「枝野幸男、魂の3時間大演説 安倍政権が不信任に足る7つの理由」

枝野幸男、魂の3時間大演説 安倍政権が不信任に足る7つの理由」2018

編者:ハーバー・ビジネス・オンライン 出版社:扶桑社

 

 2018年7月20日、野党は共同して安倍内閣に対する内閣不信任案を提出した。本書は野党第一党である立憲民主党枝野幸男代表が行った、2時間43分にも及ぶその趣旨弁明演説を書き起こしたものである。

 枝野氏の言葉によればこの国会は「民主主義と立憲主義の見地から、憲政至上最悪の国会」であった。

 演説ではその理由を以下の7項目にわけて説明してゐる。

 

1、高度プロフェッショナル制度の強行

2、カジの法案の強行

3、アベノミクスの失敗

4、政治と社会のモラルを低下させるモリカケ問題

5、ごまかしだらけの答弁。そして民主主義を無視した強行採決

6、行き詰る外交と混乱する安全保障政策

7、官僚システムの崩壊

 

 この7つの項目について、その一つ一つを紹介することはしない。一人でも多くの人に読んでいただきたいと思う。

 感想を述べると、一言。うんざりだ。

 もちろん安倍政権のひどさにだ。こんなくだらない人達の体裁を保つために、国費が蕩尽され、公文書が改竄され、法治が破壊されていくとは・・・

 ところが、うんざりして「政治って嫌だ」と感じる人が増えるほど、強固な基盤を持つ(カルト化した)自民党には有利に働いてしまうのだから、まったく気がめいる。

 第二次安倍政権の始まりから5度の国政選挙が行われたが、いづれ投票率は5割ちょっと。実際に自民党に投票した人は有権者の25%程度に過ぎない。

 これで「国民の信任を得た」とは言えないと思うが、今の日本では権力の横暴を指弾する声よりも、勝者による弱者いぢめのほうが受ける。

 弱者や敗者の「おれたちを無視するな」という声よりも、「選挙に負けたんだからしょうがないだろ」という「勝てば官軍」式論法のほうが現実的な力を持ってゐる。

 この国では良心は力にならないのだろうか?

 

 枝野氏は演説の中で「民主主義は多数決ではない」と述べてゐる。

 国会の中でみんなで意見が一致してものが決まるのが本来の民主主義の望ましい形でありますが、残念ながら全ての件で全員が一致することはありません。その場合の手段として多数決が使われることがあります。しかし、多数決だから正しいわけではありませんし、正当な手続きなわけではありません。

 なぜ、民主主義において多数決という手段が使われるのか。それは、多数の言っていることが正しいからではありません。熟議を繰り返した結果として、多数の意見であるならば、少数の意見の人たちも納得するからです。多数決というのは、少数意見の人たちも納得するための手段として多数決が使われるんです。少数意見を納得させようという意思もない多数決は、多数決の乱用です。多数決が少数の人たちを納得させる手段として正当性を持つためには、多数決の前提として、正しい情報が開示されなければなりません。

 たいへん重要な指摘で、少しでも民主制を「マシ」に機能させるためには、どうしても多数決というものに対する上のような認識が国民のうちに共有されねばならないと思う。

 

 大きな視点から考えよう。

 この「憲政至上最低の国会」が、あるいは横暴極まりない安倍政権が教えるのは、戦後日本には立憲主義も民主制もきちんと根付いてゐなかったということだ。やはり「押し付けられた」ものを「押し戴いた」だけではだめだったのだ。

 もちろん立憲主義や民主制が絶対善だとは言わない。けれど現状、それらをうまく使いこなして、ちょっとでもマシに運営していくほかないと思う。

 この6年で「憲法はそもそも何のためにあるのか」とか「民主制の弊害を抑えるにはどうしたらいいのか」といった本質的な問いに向き合う人が増えたのではないだろうか。ぼく自身、6年前までは今ほど政治ニュースに関心を払ってこなかった。今ではそれを悔いてゐる。

 だから今こうして、文章を書いてゐる。

 今の日本人にとって「立憲主義」や「民主制」はまだよそよそしい言葉だ。まだ血の通ってゐない言葉だ。「憲法に権利を保障されてゐる」とか、「自分は主権者であり、自分の考えを代表してゐる人が国会に確かに存在する」と、あたりまえに感じてゐる人はそうゐないだろう。だからよそよそしいんだ。

 

 どうしたらいいのだろう。

 「立憲民主党はあなたです」と枝野氏は言った。

 結局のところ、一人ひとりが参加するほかないと思う。凡庸で退屈な結論だが、参加するしかない。

 政治参加とは何よりもまづ「語る」ことではないだろうか。

 「立憲主義」や「民主制」という言葉が、せめて「受験」とか「就職」くらいにまでリアルに生々しく感じられる言葉に熟してくるまで、政治について語ることが必要なのではないだろうか。

 うんざりしてゐてはいけない。

 今日本で何が起ってゐるのか。分断について、忖度について、無関心について、冷笑について。どんどん語るべきだ。語ることは行動であり、語ることは参加だ。

 

 再び、この国では良心は力にならないのだろうか?

 そんなはずはない。そんなことがあってたまるか。

 この国にはたくさんの良心があり、優秀な人達がゐるのにもかかわらず、そういう人達は権力を握れない仕組みになってゐる。システムが狂ってゐるんだ。ボタンを掛け違いすぎて、こんな生きづらい世の中になってゐるんだ。

 政治がかわっても人間は幸福になれない。政治は国民を幸福にするものではなく、幸福に生きられるような環境を整えるものだ。

 安倍政権はしかし、国民を苦しめてゐる。支配と服従、おどしといぢめが原理の圧制だ。安倍システムは国民の生きるちからをそぎ、国民から闊達な気風を奪ってゐる。五輪を開催しても株価があがっても憲法を変えても、日本人は元気にならないだろう。

  

 ついつい熱くなってしまった。

 最後に一言。

 「良心に、力を。」

 枝野氏の演説を読んでこんなコピーを思いついたんだけど、どうかな。