するってえとナニかい

あなたとドリス・デイ🎵 踊ろうよマッシュ・ポテト🎵

「それでも人生にイエスと言う」V・E・フランクル

「それでも人生にイエスと言う」V・E・フランクル 春秋社 1993 ナチスの強制収容所で三年間を過ごした精神科医フランクルが1946年に行った講演。 フランクルはタゴールの次の詩を引用し、「人間は楽しみのために生きてゐるのではない、生きること…

「イスラームの論理」中田考

「イスラームの論理」中田考 新潮社 2016 「智恵は信仰者の落とし物である。だからどこで見つけようとも、それを取りなさい。」とは預言者ムハンマドの言葉である。すべての真理は、誰が語ろうとも、それはイスラームなのである。 147頁 中田先生の本…

週休三日欲しい。

日曜日。 昨日遊んだから、今日はゆっくりしたい気分だ。 洗濯をしたいのだけれど雨模様だ。 できたら、週休三日欲しい。 週休三日あれば、とてもいい具合に過ごせると思う。 まづ、一日目は家事をしっかりやる。 掃除、洗濯、買い物。多少時間をかけて料理…

「新記号論」石田英敬 東浩紀

「新記号論 脳とメディアが出会うとき」石田英敬 東浩紀 ゲンロン 2019 記号学・メディア論の石田英敬氏と「ゲンロン」創業者で哲学者の東浩紀氏との共著。 石田氏が東氏を聞き手としておこなったゲンロンカフェでの講義を書籍化したもの。 フロイト・ソ…

これでよい。

「これでよい」 カントの辞世のことばは「これでよい」だそうだ。ぼくも死ぬときは「これでよい」と言って死にたい。「これでよい」と言って死ぬためには、どのような生きかたをすればよいだろう。 生ききった、十全に生きた、という実感が必要になると思う…

「橋をつくるために」教皇フランシスコ ドミニック・ヴォルトン

「橋をつくるために」 教皇フランシスコ ドミニック・ヴォルトン 訳:戸口民也 新教出版社 2019 www.youtube.com この鼎談がほんとうに素晴らしくって、教皇フランシスコに関心をもった。 ラジオの中で批評家の若松英輔さんが本書をすすめてをられたので…

「死に急ぐ鯨たち」安部公房

「死に急ぐ鯨たち」安部公房 新潮文庫 1991(1986刊行本の文庫化) 動物は「本能」で動いてゐる。本能は「閉じたプログラム」である。 人間は「ことば」という概念把握能力を獲得したことによって、この「閉じたプログラム」を開いてしまった。 それ…

「最終講義」内田樹

「最終講義」内田樹 文春文庫 2015 内田先生のブログは全部読んでゐる。著作もたくさん読んでゐる。 だから聞いたことのある話が多いのだけれど、やっぱり感動しちゃう。だからまた読むことになる。読者への「愛」を感じて、ほっこりする。励まされて生…

「生きるチカラ」植島啓司

「生きるチカラ」植島啓司 集英社新書 2010 人生は誰にとっても苦しいものだ。不幸からのがれることはできない。また、最終的にはみんな必ず死ぬ。 不幸と死を前提とした、この生を、幸福に生きることはいかに可能か。 宗教人類学者が平易なことばで明快…

「職業としての小説家」村上春樹

「職業としての小説家」村上春樹 スイッチング・パブリッシング 2015 「走ることについて語るときに僕の語ること」に似て、村上春樹の小説論であり、「どうやって才能を最大限に開花させるか」論。すごく面白い。 こんなの。 これはあくまで僕の個人的な…

「男はつらいよ お帰り 寅さん」

「男はつらいよ お帰り 寅さん」2019 監督:山田洋次 ↑松竹の公式サイト ↑予告。 ↑舞台挨拶 見終わって、とても悲しい気持ちだ。 映画がつまらないとか、駄作であるとか、そういうことではない。 令和の日本に、寅さんの居場所はないということを痛感し…

桜を見る会問題 2019

臨時国会が閉会した。 以下は、第二次安倍政権年表のために書いた「桜を見る会」の記述だ。 「第二次安倍政権年表」は加筆・修正を前提にして書いてゐるので、展開があればどんどん上書きしていく。 だから、以下の記述も来年あらたに追及がはじまればどんど…

結婚披露宴・友人代表スピーチ

先日、奈良は猿沢池のほとりのとある会場で、友人の結婚式および披露宴に出席した。 ぼくは光栄にも新郎の友人代表祝辞という大役を仰せつかった。 緊張したが、なんとかその任を務めることができた。 結婚式というのはよいものですね。じーんときた。 ここ…

サンフランシスコ体制 覚書

随時、加筆していきます。 この問題は大変重要なのでしっかり勉強したい。 1945年の敗戦で大日本帝国が崩壊した。そこから1951年まで、日本は連合国軍の占領下にあった。1951年9月8日に調印されたサンフランシスコ講和条約と日米安保条約によ…

気になるデータ

随時、追加・整理します。 人口動態・出生数 日本人のこころ 性・結婚 経済指標 生活 人口動態・出生数 2019.12.6 2019年に生まれた赤ちゃんの数が1899年の統計開始から初めて90万人割れし、過去最少となるのが確実になったことが6日、厚生労働省へ…

象徴天皇制どうする 覚書

随時、加筆・修正していきます。 記事・お言葉等 職業天皇制 韓国とのゆかり 大嘗祭・秋篠宮様の発言 女性・女系天皇 譲位・退位 恩赦 天皇制廃止/日本共産党の立場 本・論文 「象徴を論ず」福田恆存 「象徴政治についてのレッスン」石田英敬 覚書 記事・お…

高次の政治・永遠という時間・政治は愛

ローマ教皇フランシスコが11月23日に来日し26日まで滞在した。 教皇の来日に関心をもったのは、以下のラジオを聞いて感銘をうけたからだ。 これは!と思ったので、ゆっくりと二度聞いた。もう一度聞くと思う。 これは火鉢クラブの中村有里、政治学者の中島岳…

「フレンチアルプスで起きたこと」

「フレンチアルプスで起きたこと」2014 監督:リューベン・オストルンド 出演:ヨハネス・バー・クンケ、リーサ・ローヴェン・コングスリ めちゃめちゃ面白かった。 緊張して、大笑いして、う~んと考えて、え!ってなって、 最終的に、よくできた映画だ…

「日本語の近代」小森陽一

「日本語の近代」小森陽一 岩波書店2000 <本書を執筆する全課程は、自らの「日本語の近代」をめぐる既得権益を解体しつづける営みとなった。> と「あとがき」にある。 「国語」とのしての「日本語」は自明の存在ではなく、日本が近代国家として出発する…

「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」

「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」2017 監督:クレイグ・ガレスピー 出演:マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン ものすごく残酷で悲惨で、人間の下劣な面を存分に見せてくれる映画なのだけれど、マーゴット・ロビー演じるトーニャ・ハー…

「わたしは、ダニエル・ブレイク」

「わたしは、ダニエル・ブレイク」2016 監督:ケン・ローチ 出演:デイブ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ ドシンときた。 今ぼくらが生きてゐる世界、社会、システムに対する怒り、義憤が伝わってくる。 うまいこと適応してるつもりの小利口で軽…

「ブルックリン」

「ブルックリン」2015 監督:エモリー・コーエン 出演:シアーシャ・ローナン、エモリー・コーエン トミーが「I love you」と言い、エイリシュが「I ....」と言いかけるも、最後まで言わず、「とてもうれしいわ」と返す。 そういう逡巡ってとても素敵だ…

ク・ハラさんを悼む

KARAの元メンバー、ク・ハラさんが亡くなった。 とてもかなしい。 自殺の可能性があるという。 KARAのいくつかの曲はとても好きだった。 芸能界で10代から20代を過ごした人が、別の世界で第二の人生を歩めるような回路がしっかりとつくられる必…

「ベテラン」

「ベテラン」2015 韓国 監督:リュ・スンワン 出演:ファン・ジョンミン、ユ・アイン、オ・ダルス 最高。 めちゃめちゃ面白い。 こういう勧善懲悪、痛快無比、そして権威に立ち向かう反骨の映画がつくられて、しかも観客動員数1300万人突破のウルト…

ヨナさんの歌

ヨナさんは歌もうまい。 www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com テレビで歌ってゐたのは現役時代のことで、最近こういう活動は少ない。 このころは「国民の妹」という役割を演じることを強いられてゐた時期で、全体の雰囲気がキリっとして、ちょ…

「ターミネーター:ニュー・フェイト」

「ターミネーター:ニュー・フェイト」2019 監督:ティム・ミラー 出演:リンダ・ハミルトン、アーノルド・シュワルツェネッガー、マッケンジー・デイヴィス とてもよかった。 三作目と四作目の評判が悪くて、それをなかったことにして「ジェネシス」で…

壬生菜の漬物

昨日、野沢菜の漬物のことを書いた。 熱い茶漬けのおともに野沢菜の漬物がうまいと。 野沢菜もよいが、ぼくは壬生菜の漬物が一番好きである。 壬生菜の壬生とは京都の地名であり、壬生菜はいわゆる京野菜だ。 壬生菜の漬物は関西では一般的だと思うが、関東…

野沢菜の漬物

寒くなってきた。 暗くて寒くて・・・となると元気がなくなるけれど、寒いほうが食べ物がおいしい。 熱い茶漬けなど、よい。 ご飯に熱いほうじ茶をそそいで、野沢菜の漬物で食べる。 これがよい。 野沢菜は、細かくきるのもよいが、ぶつぎりもまたよい。 醤…

男ってやあね

「男ってやあね」というような話を聞いた。 Aさんから聞いたBさんの話なので、又聞きということになる。 Bさんが、飲み会の席で、妻子あるCさんに言い寄られてイヤになったというのだ。 Cさんがそんなことを言う人と思ってゐなかったので、たいへんショ…

ああ、沢尻エリカ

沢尻エリカがMDMAという麻薬を所持してゐたということで逮捕された。 とても悲しい。 沢尻さんとぼくの人生はこれまでもこれからも交錯することはないだろうけれど、同い年ということでひいき目に見て、勝手に応援してきた。 1986年生まれにはすごい…